スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓑笠飾り



安っちい脆いカッターをぶらぶらとだらしなく下げて家中をうろうろと徘徊してる痴人の愛は

鏡面に鬱金色に乱反射して凝固してしまった


焦点距離がたまゆらで
私は消えるんだ


そのさまがあまりにもかわいそうでかわいそうでみにくくただれていたので

耐えられなくてひと思いに網膜をスィーっとやると

失くしたのは眼球より毛細血管でも左手は例外にして
私なんだああ私なんだと


魚になってもぜんどうして漂っては陽炎と流亡して

あんまり変わらなかった
ゆらゆら、
たまゆら


カッターの破片はちりっと
重量で床が折損させて安っちく


蹉跌



スポンサーサイト

まなざし



『こわいの』

口をひらけば女の子、


『ぱぱ、あれこわいの』

パレットを暖色系でぺたぺたしてひっかいたひらひら付き蝶の水着

わたしは眩しく
なぞる

額縁



博物館の赤絨毯駆け駆け
シャンデリアが笑っている

ステゴサウルスが軋んだ夜は
すさんだ空き地に夢を視る


水彩投げ入れ酸性雨

20090529173013


きっと優しくするつもりなんかないのだろうけれども
ひやりとした感触は私にとってはなんとなしに優しかったりしました

だから頭の悪そうに口をあんぐりしたまましろくあおく棚引く空模様にしめしめしたのです

鰐にもよい湿度でした

コーンスープの時間



ちょっとばかりのろけてやろうと思って再生紙の日記を開いたけれどやっぱりいつも嘘をついたりするのです


いつでも嘘をつくみたいです

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。