スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓑笠飾り



安っちい脆いカッターをぶらぶらとだらしなく下げて家中をうろうろと徘徊してる痴人の愛は

鏡面に鬱金色に乱反射して凝固してしまった


焦点距離がたまゆらで
私は消えるんだ


そのさまがあまりにもかわいそうでかわいそうでみにくくただれていたので

耐えられなくてひと思いに網膜をスィーっとやると

失くしたのは眼球より毛細血管でも左手は例外にして
私なんだああ私なんだと


魚になってもぜんどうして漂っては陽炎と流亡して

あんまり変わらなかった
ゆらゆら、
たまゆら


カッターの破片はちりっと
重量で床が折損させて安っちく


蹉跌





***


桃色のミノカサゴの夢は深遠


閏怨はつがいにある話
蟷螂、蜘蛛、



左手に海容を得ず
代わりには死の棘





復讐にと
私は両腕を遺棄したわ
泣いてみせたわ

ミノカサゴの誇りは
人魚姫の剣






飛沫となるわ

塵となれ。

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://highmarsh.blog20.fc2.com/tb.php/71-b78f5f0a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。